憧れの職につくための舞妓募集や理容師の求人情報、転職のやり方

理容師になる

カットとシェービングのスペシャリスト

理容師はお客さんの髪を整えたり顔剃りを行ったりすることを業とする専門職で、俗称で言うところの「床屋さん」に当たります。 理容師になるには国家資格が必要です。資格は専門学校等の指定施設で2年以上(通信課程は3年以上)必要な知識や技能を学んだのち、国家試験に合格することで得られます。 なお、類似の資格に美容師がありますが、美容師がパーマやメイクなどを主に担当するのに対し、理容師はカットやシェービングを担当するという違いがあります。しかしどちらも互いの業務の一部を補助的に行うことは認められているため、両者の区分はあいまいになりつつあります。ただ、求人募集の際には求められる資格がはっきりと区分されています。そのため、どちらの求人にも応じられるよう両方の資格取得を目指す人もいます。

新たな需要を開拓する人たちも登場

2012年に行われた国の調査によれば、理容師の平均給与は月額にして約22万3,000円、平均賞与が年間約54万6,000円となっています。ただし個々の理容師が実際に受け取る額は職場の規模や料金体系によって大きく異なります。 理容師の就職先として圧倒的に多いのは理容室・理髪店と呼ばれるお店です。求人先も大半を占めています。理容室・理髪店ともその数は減少傾向にありますが、理容師の資格取得者も減ってきているため、美容師に比べると競争率はそれほど高くありません。また、求人数は多くありませんが、ホテルや結婚式場などで専属の理容師として働くケースもあります。さらに最近では高齢者に対する需要を見込んで自宅や入居施設への出張理容を専門に行うサービスを開業する例なども見受けられます。